華やかなパヴェタイプの婚約指輪

メレダイヤの婚約指輪よりももっと華やかに行きたい・・・!そんな場合にはパヴェタイプの婚約指輪がおすすめですよ。

パヴェタイプの婚約指輪がどのようなものなのかと言いますと、アームの部分にダイヤがずらっと敷き詰められているようなデザインの婚約指輪を言います。

パヴェというのは、フランスの言葉で、敷石といわれています。

その名前の通りに、アームにダイヤを敷き詰められているようなデザインの婚約指輪になります。

とても華やかな印象になりますよ。

パヴェタイプの婚約指輪には、真ん中に大きなダイヤがありその周りをダイヤが敷き詰められているタイプのものと、中央のダイヤはなくメレダイヤの部分のみの婚約指輪もあります。

どちらも人気のスタイルの婚約指輪になります。

メレダイヤだけのパヴェタイプの婚約指輪の場合は、ゴージャスというよりは、エレガントな印象になるでしょう。

シンプルで何もついていない結婚指輪とはまた違った印象になるでしょう。

あまりゴージャスすぎるのは嫌だけど、華やかなデザインの婚約指輪がいい・・・と思っている人は、こういったタイプの婚約指輪がよいですよ。

もっとゴージャスにしたい・・・!という人は、中央のダイヤをより大きいものを選んで、周りをメレダイヤで敷き詰めることで、かなりゴージャスな印象にできるでしょう。

まさに豪華という印象で、婚約指輪としてもらったら驚きそうですね。

皆さんも、パヴェタイプの婚約指輪を選びませんか。

関連サイト=>[婚約指輪のダイヤデザインに関する講義塾